東京都いえばいわずとしれた日本の首都である。そこには世界との交流をはかるためにも、最新の設備や機器などが多く置かれている。つまりは、日本の最先端をいっているのは常に東京であるといえるのである。そのことについては、医者も同じである。医療世界でも東京にいる医者はその科のトップの研究者が多いとされている。それは当然といえば当然の結果といえる。ここまでいえば、当然東京の医者が最新の設備を使い最新の手術ができ、最高の医療ができると思われよい事尽くめというえそうであるが、なかなか壮簡単にはいかない。物事は必ず、多かれ少なかれ善し悪しのあるものだ。その東京の問題というのは患者数の多さである。
東京は人口もおおく、それなりに病気になる人や事故にあう人も全国有数の土地といえる。そのため、医療現場ではつねに医師数不足に陥りがちであり、なかなか患者にみあった治療が行えていない現状があるのも否めない。単刀直入にいうなれば、質より量をとらざるをえない状況もあるということである。そういった点を考えると、医者になった全ての人々が一人ひとりの命に大事に扱い命と向き合うという感覚が地方に比べても薄いのかもしれない。そこに東京の医師の道徳性の問題などがしばしばあげられるのも原因であろう。以上のように東京の医者は様々な問題を抱えながらも、今日も一つの命を救うために必至になっている。この日本を明るくそして元気にしてくれているという存在としては決して間違いではないだろうと私は思う。

一軒家の住宅なら普通は2階建てがあたり前だと思うんですがたまに3階建てを見る事がありますが便利そうだと思います。
庭付きや駐車場付きなら2階建ての一軒家で十分ですが敷地が広くないけど車を置く場所が欲しいと思ったときに1階部分を駐車場のスペースにすると狭い敷地でも2階建の家が出来るし駐車場を他に借りる事を考えた場合にはいいんじゃないかと思います。
それに駐車場の少なさも補えると思います。
そして見た目には2階部分が3階になって景色も違うしいいんじゃないかと思います。
そういう一軒家が増えてくれると敷地が狭いのも関係ないし多少の大雨や台風で1階部分が床上浸水や床下浸水という被害も少なくなるんじゃないかと思うんです。
そういう意味でそういう住宅が増えるといいんじゃないかと思うんですがそういう家はまだまだ少ないと思うんです。

耐震面からそういう造りをすると大雨や台風の時はまだしも地震がきたらやはり1階部分と地上との支え的に弱くなるだろうか。素人の意見ですがどんな家の造りでも耐震をしっかりとする事で補えないんでしょうか。
そういう意味でまだまだ住宅関係はどんなようにも進歩する事が出来るんじゃないかと思うんです。

狭い土地に住宅を建てる場合には3階建てにするといいと思います。
東京などに住んでいると土地の価格が高いものです。
そこで車を止める場所も必要でそんな場所を造っていると部屋にできるスペースが狭くなってしまうものです。
そこで少しでも有効に使えるように3階建てがあるのです。
私の近くに住んでいる方も最近、家を新しくしたのですが、やはり3階建てにしています。
そこで1階を駐車場にしているのです。
そして2階をリビングなどお客さんが入れる空間にして3階が寝室や子供部屋などプライベートの階にしているのです。
そんな自分たちの住みやすいように階ごとに分けることができるのです。

3階建てにすれば狭い土地でも広く部屋を使えるので便利です。
リビングも広くできるのです。
最近は3階建てにする人も増えてきているのだなって思うようになりました。
またいいところは、景色もいいとおもうのです。
2階から見るよりも3階になると少し高いところから景色も見られるのでいいと思います。
もし狭い土地で家づくりに悩んでいるのなら3階建てにしてみるといいと思います。
とても使いやすく快適な空間ができると思います。
庭も造れるし駐車場もできるので住みやすい家づくりができます。

学生の頃、ある地方都市で「経営者大学」という小さな会社でアルバイトをしたことがあります。社長はもと東京にいた人で、定年退職したあと自分で「経営者大学」を立ち上げ、月に一回講演会を催すのです。その社長が言うには、地方の特に中小企業の経営者たちは、東京や大阪の大都市の大企業の情報やその経営方針またビジネスの仕方を知らず、また最先端の情報に疎い。そのため、自分の経験から、彼らのためにそうした大企業のトップの人たちを呼んで講演を聞かせたいというものでした。当時はインターネットもない時代だったので、こうした試みは大変有益だったと思います。何回かお手伝いしましたが、かなり有名な方がいらしたのを覚えています。

例えば牛尾治朗さんなどもいらしたことがありました。場所は毎回商工会議所の会議室を借りていたと思います。会費は一回一万円でした。講演者は、毎回社長が考えて、これぞと思う人に電話を掛けて交渉するのです。講演料はだいたい一回十万円だったと聞いています。でも、人によっては電話に奥さんが出て、「うちは二十五万頂きます」などと言って来る人もいて、私たちは「そんなに生活に困っているのかね」などと言っては笑っていました。聴講者も社長自ら、その地方都市の中小企業を回って、「経営者大学」に登録するように勧めて歩くのです。聴講しに来た経営者たちは、勉強熱心な方が多かったと思います。講演者の中には、必ずしもビジネスの話だけでなく、学者や特許の専門家もいました。いろいろな方面の方がいらっしゃったのでとても勉強になったのを覚えています。

講義は何時でも受けられます。大学は完全な講義式になっています。そこで授業があるから、授業が無くては先に進めませんが、絶対というわけではありません。講義としてやる事が無くては意味がありません。ビジネスする人は沢山いますから、本業以外にもサイドビジネスを主とする人は沢山います。お金を設けるのは悪くありませんが、責任は最後まで自分自身で握っておく必要があります。講義は先生の存在が参加者をやる気にさせてくれます。そして講義に対する物の見方、講義はあくまでも内容が問われていきます。ビジネスに参加する時は、どのような志で参加するのかは重要です。ビジネス展開に関わる事が重要ですし、経験はこれから生かす事が一番になります。ビジネスで成功するために、経験者の体験談は重要です。講義を受けるチャンスは生かす事が出来れば、あとは実戦するしかありません。ビジネス展開するために、あとは準備して実践する事から始めていきます。講義はあくまでも素人向けの話で、その中から活路を見出します。

ビジネス展開するために、何から手をつければいいのかを考え出します。講義は何でも聞けるいい機会ですが、参加する人は学ぶ事も沢山あります。講義に参加する時、ただでもよかったのですが、講義参加料も払った方が良いです。ビジネスは色んな物があります。そしてその中から自分に合った物を探し出す事から展開が始まります。成功者の話に乗るだけでなく、実践して力へと変えていくのです。将来は自分が講義を開く事になるかもしれません。ビジネスとは、そうやって展開されます。

就職面接において、地域によっては通勤時間を気にする会社があります。東京や大阪のような大都会なら、2時間程度の通勤時間は当たり前です。しかし地方都市では1時間を超えるような通勤には難色を示す会社が多くあります。実際に「通勤距離が遠いから」という理由で不採用になるケースも珍しくありません。いくら本人が「遠くても問題無い」としても納得してもらえないようです。何が要因なのでしょうか。一つには通勤費を抑えたいという思惑があります。経費削減を強く意識している会社では特に顕著にあります。更に通勤距離が長いと事故に遭う恐れがあるから、という考えもあります。しかし一番の理由としては「退職理由に使われ易い」という懸念からのようです。つまり「通勤がしんどいので辞めたい」と言われるのを避けたいようなのです。例えば、給与面で不満がある、あるいは人間関係で嫌な人がいる、といった理由で退職を検討する場合、本当の理由は言いにくいという人もいます。その場合に「通勤がしんどいので辞めます」とすれば、当たり障りが無い理由として使い易いという面があります。しかしこれでは会社側は本当の問題点が見えません。その結果、改善されるべき点がそのままになってしまい離職者の歯止めが効かない状況になってしまう恐れがあるのです。こうした事態を避けるため、面接の時点で通勤について繰り返し突っ込み、それを理由には辞めさせないぞ、という意思表示を行うのです。

日本で非常にポピュラーな占星術のひとつに「六星占術(ろくせいせんじゅつ)」というものがあります。

これは占い師の細木数子が易学や算命学などを元にして編み上げた占い方法で、解釈などが比較的わかりやすいため、自分で趣味として解釈を行なっている人もけっこう多いと思います。

六星占術では生年月日によって算出した運命数や星数によって人を「土星人」「金星人」「火星人」「天王星人」「木星人」「水星人」の6つに分類し、これで性格や運命の昇降を占っています。
この星人にはそれぞれプラスとマイナスがあり、これで分類すると12種類のタイプが存在することになりますが、これに加えて特別な星に当たる人は「霊合星人(れいごうせいじん)」と呼ばれています。

六星占術では宿命星が大切な役割を果たしますが、この宿命星「静雲星」「光美星」「妙雅星」「白照星」「香創星」「火竹星」「大木星」「風行星」「大善星」「緑水星」は10年ごとに変化していきます。

インドは古代から知恵を求める国として栄えてきましたが、このインドおよびネパールやチベットを中心に伝わっている占星術は「インド占星術」と呼ばれています。

インド占星術を趣味としている人は日本ではあまり見かけられませんが、このインド占星術は日本で行われている宿曜道の基本ともなっているものです。

インドにはもともと「ナクシャトラ(nakshatra・二十七宿)」「ティティ(tithi・朔望日)」「ヴァーラ(vaara・曜日)」「ヨーガ(yoga・和)」などといった概念がありましたが、これにギリシアの占星術のテクニックを加味して発展したものが「ヤヴァナジャータカ(yavanajaataka・ギリシア式出生占術)」に記された占星術です。

インド占星術の特徴は宮(サイン)に属する星はもちろんのこと、月の分析も非常に大切にされることにあります。
このインド占星術は「パラーシャラ方式」と「ジャイミニ方式」の2つに大きく分類することができます。

占星術の中でも、現在最も広く楽しまれているものが「西洋占星術」だと思います。

西洋占星術はヘレニズム時代の体系を基板としたもので、以前は科学的な意味合いが強いものでしたが、最近では趣味の一分野として扱われることも多いようです。

紀元前1000年ごろに記された「エヌーマ・アヌ・エンリル(Enuma anu enlil)」には天の徴と地上の出来事とを結びつけた記述なども見られ、その後、西欧世界でさまざまな変遷を遂げてきたのが西洋占星術です。

西洋占星術で鑑定を行うには、基本的に「ホロスコープ(horoscope)」というチャートを使用します。
西洋占星術で重用される十二宮は「白羊宮」「金牛宮」「双児宮」「巨蟹宮」「獅子宮」「処女宮」「天秤宮」「天蠍宮」「人馬宮」「磨羯宮」「宝瓶宮」「双魚宮」となっており、それぞれに「我は決意する」などといったキーワードや司る性質などがあり、占い師はこれらを駆使して解釈を行なっていきます。

東京に住んでいて良かったなあと思ったのは、あらゆる医療機関が東京に集中している事です。特に有名な大学病院や子供の医療センターなどは、やはり東京に住んでいるからこそ、すぐに受診できるのではないかと思います。私自身は、病気知らずで入院もした事がなかったので、そんな事はつい最近まで考えたことはなかったのですが、子供がとにかく病弱だったため、ちょっと体調が悪くなると、いつでも最悪の事を考え、最新の医療を受けられる場所を探していました。
と言うのも、わが子は小さい時に、重い病気で生死の境をさまよい続けた事があるからです。その病気自体、めったにある病気ではありません。数パーセントの確立しかかからない病気だとの事で、お医者さんによっては、受診した事のないお医者さんもいるのではないか?と言われる病気でした。後から主治医に”あと1日大学病院に来るのが遅かったら、今頃お子さんの命はなかったでしょう。”と言われました。幸いにも我が子は、住まいの近くに最新の設備を備えた大学病院があったため、すぐに見てもらうことができ、一命を取り留めたのですが、もしこれが田舎の最新設備のない病院しかない場所に住んでいたとしたら、どうなっていたかわかりません。
その後も、その病気とは違う病気ですが、しょっちゅう病気をしました。小学校に入ってからも、原因不明の皮膚病?のような物にかかかりました。近所の小児科のお医者様が、子供の治療で最も有名な医療センターの紹介状を書いてくださり、すぐに受診する事ができました。経験豊かなお医者様の診断により、無事にその皮膚病は治りました。このような治療を受けられるのも、やはり東京に住んでいるからこそだと思っています。

ブックマーク