» 健康・医療のブログ記事

東京都いえばいわずとしれた日本の首都である。そこには世界との交流をはかるためにも、最新の設備や機器などが多く置かれている。つまりは、日本の最先端をいっているのは常に東京であるといえるのである。そのことについては、医者も同じである。医療世界でも東京にいる医者はその科のトップの研究者が多いとされている。それは当然といえば当然の結果といえる。ここまでいえば、当然東京の医者が最新の設備を使い最新の手術ができ、最高の医療ができると思われよい事尽くめというえそうであるが、なかなか壮簡単にはいかない。物事は必ず、多かれ少なかれ善し悪しのあるものだ。その東京の問題というのは患者数の多さである。
東京は人口もおおく、それなりに病気になる人や事故にあう人も全国有数の土地といえる。そのため、医療現場ではつねに医師数不足に陥りがちであり、なかなか患者にみあった治療が行えていない現状があるのも否めない。単刀直入にいうなれば、質より量をとらざるをえない状況もあるということである。そういった点を考えると、医者になった全ての人々が一人ひとりの命に大事に扱い命と向き合うという感覚が地方に比べても薄いのかもしれない。そこに東京の医師の道徳性の問題などがしばしばあげられるのも原因であろう。以上のように東京の医者は様々な問題を抱えながらも、今日も一つの命を救うために必至になっている。この日本を明るくそして元気にしてくれているという存在としては決して間違いではないだろうと私は思う。

東京に住んでいて良かったなあと思ったのは、あらゆる医療機関が東京に集中している事です。特に有名な大学病院や子供の医療センターなどは、やはり東京に住んでいるからこそ、すぐに受診できるのではないかと思います。私自身は、病気知らずで入院もした事がなかったので、そんな事はつい最近まで考えたことはなかったのですが、子供がとにかく病弱だったため、ちょっと体調が悪くなると、いつでも最悪の事を考え、最新の医療を受けられる場所を探していました。
と言うのも、わが子は小さい時に、重い病気で生死の境をさまよい続けた事があるからです。その病気自体、めったにある病気ではありません。数パーセントの確立しかかからない病気だとの事で、お医者さんによっては、受診した事のないお医者さんもいるのではないか?と言われる病気でした。後から主治医に”あと1日大学病院に来るのが遅かったら、今頃お子さんの命はなかったでしょう。”と言われました。幸いにも我が子は、住まいの近くに最新の設備を備えた大学病院があったため、すぐに見てもらうことができ、一命を取り留めたのですが、もしこれが田舎の最新設備のない病院しかない場所に住んでいたとしたら、どうなっていたかわかりません。
その後も、その病気とは違う病気ですが、しょっちゅう病気をしました。小学校に入ってからも、原因不明の皮膚病?のような物にかかかりました。近所の小児科のお医者様が、子供の治療で最も有名な医療センターの紹介状を書いてくださり、すぐに受診する事ができました。経験豊かなお医者様の診断により、無事にその皮膚病は治りました。このような治療を受けられるのも、やはり東京に住んでいるからこそだと思っています。