日本で非常にポピュラーな占星術のひとつに「六星占術(ろくせいせんじゅつ)」というものがあります。

これは占い師の細木数子が易学や算命学などを元にして編み上げた占い方法で、解釈などが比較的わかりやすいため、自分で趣味として解釈を行なっている人もけっこう多いと思います。

六星占術では生年月日によって算出した運命数や星数によって人を「土星人」「金星人」「火星人」「天王星人」「木星人」「水星人」の6つに分類し、これで性格や運命の昇降を占っています。
この星人にはそれぞれプラスとマイナスがあり、これで分類すると12種類のタイプが存在することになりますが、これに加えて特別な星に当たる人は「霊合星人(れいごうせいじん)」と呼ばれています。

六星占術では宿命星が大切な役割を果たしますが、この宿命星「静雲星」「光美星」「妙雅星」「白照星」「香創星」「火竹星」「大木星」「風行星」「大善星」「緑水星」は10年ごとに変化していきます。